So-net無料ブログ作成

治療日記まとめ2 [不妊治療日記]

治療日記まとめの続きです。
すっかりサボってました。

自然妊娠が難しいとわかって、
その婦人科の先生に専門の『不妊治療センター』を紹介してもらうことになりました。
いくつか候補をもらい、会社にも近く、料金もそんなに高くない、実績のある病院に決定しました。
(のちにこの病院で妊娠することになったんですが、
本当にこの病院を選んでよかったと心底思ってます。本当にいい病院に恵まれました。)

初診のときは旦那と二人で行きました。
すごくきれいな病院で、患者さんも椅子に座れないくらいたくさんいました。
不妊で悩んでる人って、こんなに沢山いることにびっくりしたのを覚えてます。

院長先生から妊娠のしくみを教えてもらい、内診もありました。
そのときに人工授精、体外受精、顕微授精があることを知りました。
・・・が、私たち夫婦の場合は、進めるとなるといきなり「顕微授精」から入るそうです。
精子の数が極端に少ないので。
でも、年齢的にも若いし、まだ時間もあるので妊娠できますよと言っていただきました。
自然妊娠は難しいと言われてどん底に落ちた気になってましたが、
可能性はゼロではないんです。
時間もあるし、貯めてた貯金もありました。

前向きにがんばろう!と決心したのでした。。。

結婚して1年半。
周りからはそろそろ子供は?とよく聞かれました。
私の母には正直に話しました。
途中で泣いてしまったけど、母は理解してくれ、協力できることがあればと言ってくれました。
母も泣いてました。
仲の良い友人にも話しました。
ちゃんと理解してくれました。

数か月、タイミングで妊娠を試みました。

その間に、旦那は「精索静脈瘤」で手術も受けてくれました。
これにはほんと頭が下がる思いでした。
少しでも数が増えればという願いでした。
が、成功率は5割だそうです。
神様はここでも笑ってくれませんでした。

数は、術前と比べて変わらなかったのです。
旦那は申し訳なさそうでした。心が痛みました。


冬になると二人の共通の趣味であるスノボがあったので
その時期は治療を休みました。

二人で話し合いもしました。
「子供は何人欲しい?」
「私は今すぐにでも赤ちゃんが欲しいけど、あなたは本当はどうなの?」

真面目な話が苦手な旦那だけどきちんと本心を言ってくれました。

「今は二人でいろいろなことをしたい。
いろいろな場所にも旅行にも行きたい。
30までには欲しいと思うけど、そんなに今は焦ってない。」・・・と。

ちょっと二人の考えが違ってました。
焦ってた私に対して、ちゃんと考えていた彼。

結局、その話合いを境に治療をお休みし、
旦那が29歳(一年後・・・)になるころに治療を再開することになりました。

二人で決めたこと。
肩の荷が軽くなりました。

このとき、2008年、4月でした。


励みになります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊から妊娠へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠初期へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。